Home > その他 > Hugo の public フォルダへの生成が v0.15 から変更に

Hugo の public フォルダへの生成が v0.15 から変更に

  • Posted by: master
  • その他

Go 言語製の Hugo の書き出し先変更

巷の解説だと下記でスタティックファイルが生成されるのですが、0.15からされなくなりました。

$ hugo server

public フォルダへの生成する場合はオプションをつけるようになった模様です。

$ hugo server --renderToDisk=true

リリース時の解説

https://github.com/spf13/hugo/releases

hugo server now builds ~30%+ faster by rendering to memory instead of disk. To get the old behavior, start the server with --renderToDisk=true.

その他補足

Hugo のパーマリンクですが、:slug.html のように config にオプション追加で変更できるのですが、 tag や categories ページでうまく引き渡されないようです。 Hugo 自体はフォルダベースのパーマリンクが標準なので現時点では変にカスタマイズさせないほうが無難なようです。

このあたりは jekyll や middleman のほうが柔軟性ありそうです。

フォルダ形式で毎回書き出してもいい人は Hugo でも問題ないと思いますが、 Hugo から移行を考えた時に記事事にフォルダが生成される形式は少し大変そうです。

Github pages 専用のツールと考えれば現時点では最速かつ設定も一番楽な気がします。 (gem でこけたりする Ruby 製と異なり、シンプル構成)

Comments:0

コメントする

Home > その他 > Hugo の public フォルダへの生成が v0.15 から変更に

Search

Feeds

Return to page top